中央区、港区、江東区、千代田区、台東区、品川区、文京区の訪問医療マッサージ・訪問リハビリマッサージ|KEiROW(ケイロウ)中央区ステーション

中央区ステーション
お問い合わせ
【営業時間】平日 9:00~18:00【定休日】土・日・祭日【電話番号】0120-990-916

よく噛んで食べ過ぎ防止

2021年12月27日


こんにちは、鍼灸師の山口です。

今年も残り5日となりました。
KEiROW(ケイロウ)中央区ステーションは、明後日29日〜翌年1月3日まで年末年始休業させていただきます。

2021年中はお世話になりました。
引き続き2022年も、多くの方々がより快適に健やかに過ごせるお手伝いができましたら嬉しいです。


年末年始は、家族や親戚、仲間で集まって、お酒を飲んだりご馳走を食べたりする機会が多くなりがち。
何かと忙しい年末に暴飲暴食が重なると、体調を崩す原因にもなります。

普段は胃腸が頑丈な人も、胃腸のケアをしておきたいですね。
胃腸薬などを服用するのももちろん良いですが、薬の出番は出来ることなら少なくしたいですよね?

まずは「食べ過ぎない、飲み過ぎない」ことが一番なのですが…
意志の力だけでできたら苦労しません(笑)

食べ過ぎを防ぐためには、よく噛んで食べること。

「えっ?それだけ?」と思われるかもしれませんが、実際一口何回くらい噛んでいるか数えてみてください。10回も噛まずに飲み込んでいる方、結構いらっしゃると思います。

私たちの身体は食事を始めて「満腹」と感じるまでに20分以上かかります。
早食いをすると満腹感を感じる前にたくさんの量を食べてしまうため、食べ過ぎになりがちです。

よく噛んで食べることで、食事が少量でも満腹のサインが脳に伝わりやすく食欲が抑えられます。
脳内物質の働きとして内臓脂肪の分解を促進することも知られています。
他にも脳の活性化や、唾液の分泌が増え消化を助けるなどの効果もあります。
また、認知症予防につながるとも。

食事はよく噛んで、ゆっくり味わって食べましょう。
目標は、一口30回以上噛みましょう!