中央区、港区、江東区、千代田区、台東区、品川区、文京区の訪問医療マッサージ・訪問リハビリマッサージ|KEiROW(ケイロウ)中央区ステーション

中央区ステーション
お問い合わせ
【営業時間】平日 9:00~18:00【定休日】土・日・祭日【電話番号】0120-990-916

冷房病について解説

2021年07月12日

冷房病について解説



鍼灸師の井田です。クーラーの当たりすぎによって起こる冷房病について解説していきます。
クーラーは熱中症の予防に欠かせませんが、同時に冷房病を引き起こす原因となります。



冷房病はどのように起こるのか?

人間の身体は寒暖の差によってストレスを感じることがあります。
そのストレスにより体温の調節をつかさどる自律神経の乱れを引き起こしつらい身体に不調を起こします。
夏は気温が高く、冷房や冷たいものを食べる機会の多いのでこの病気にかかる人が多いとされています。



症状について


症状は非常に多く、だるさ、むくみ、冷えや肩こり、頭痛、腰痛など様々です。
自律神経に影響があるので、頻尿、食欲不振、血圧の上昇といった症状も現れてきます。
また猛暑になり内気温と外気温の差が開いてしまい、脳卒中や心筋梗塞などの危険性も高まります。
また冷房病の症状で微熱、鼻水や咳など風邪に似た症状を感じた方は身体全体が弱っていることの表れで、このような症状が出た場合は感染症やアレルギー反応に注意する必要があります。



対策について

・冷房の温度を上げる

室温が25度以下の場所に長く滞在したり、外気温との温度差が5度以上あると、冷房病になりやすいとされています。冷房の温度は28度を目安に設定するのがおすすめです。


・お風呂にゆっくりと体を温める

ゆっくり湯船につかって体を温めることで自律神経のバランスが整えられ、体温調節機能が改善されます。お湯の温度は38〜40度が良いでしょう。


・適度な運動を継続的に続ける

軽い運動を継続的に続けると血行が良くなり、体温調節機能を整える事ができます。
ストレッチ、ウォーキングなど10分程度の運動を日々の生活に取り入れてみましょう。


身体を冷やさない食生活

クーラー以外にも、アイスや冷えたジュースなどの取り過ぎは冷房病の原因になるので気をつけましょう。
生姜の入った飲み物は体を温める働きのあるので冷房病対策にはもってこいです。


皆さんも身体を冷やし過ぎずないように、体調管理をしっかりと行い冷房病にかからない夏を過ごしていきましょう。