中央区、港区、江東区、千代田区、台東区、品川区、文京区の訪問医療マッサージ・訪問リハビリマッサージ|KEiROW(ケイロウ)中央区ステーション

中央区ステーション
お問い合わせ
【営業時間】平日 9:00~18:00【定休日】土・日・祭日【電話番号】0120-990-916

知恵を使ってクールダウン

2021年07月19日


こんにちは、鍼灸師の山口です。

今週の22日は大暑。「夏の暑さが本格的になる頃」という意味。
その字の通り、1年の中で最も暑さの厳しい時期です。
夏バテや熱中症にならないよう、暑さ対策しましょう!

私たちは、体温が上がれば汗をかき、その汗が蒸発すること(気化熱)で体温を下げ、体温調整をしています。

しかし、湿度が高いと汗が蒸発しにくく、体温を下げる働きが弱くなります。

なので、気温だけでなく湿度も高い日は要注意!意識的に体温を下げることが重要です。

そんな日はこんな方法でクールダウンしてみたらいかがでしょうか?

●手首や首、ひじの内側や膝の裏側、こめかみなど脈拍が感じられる皮膚の薄いところを冷やす。体内の血液を冷やすことができます。水やおしぼり、保冷剤、冷感グッズなどでひんやりさせましょう!

●旬の食べ物を食べる。夏が旬の野菜の多くはカリウムや水分が豊富です。利尿作用があるので、尿で体内の熱を逃がすのに効果的です。

●通気性・吸湿性の高い素材の服を着る。触るとひんやりする接触冷感素材、汗が蒸発しやすい素材を選びましょう!麻や綿、レーヨンなどもいいですね。

●香りを使ってクールダウン。マスクで暑苦しいとき、ハッカ油スプレーをひと吹きしてスッキリした香りでレフレッシュ!

いろいろな知恵で、今年の暑さも乗り切っていきましょう!