中央区、港区、江東区、千代田区、台東区、品川区、文京区の訪問医療マッサージ・訪問リハビリマッサージ|KEiROW(ケイロウ)中央区ステーション

中央区ステーション
お問い合わせ
【営業時間】平日 9:00~18:00【定休日】土・日・祭日【電話番号】0120-990-916

秋の食材、栗について

2020年09月14日

鍼灸師の井田です。
秋といえば栗、今日は栗について詳しく話していこうとおもいます。



栗の扱いは野菜か果物か?

栗は野菜ではないので、果物の分類で扱われていると考える人が多いのではないでしょうか。これについては場所によって扱い方が変わるというのが答えになります。
出荷や栽培上では栗は果樹として扱われていますが、市場では実は野菜として扱われています。
これは日本で野菜と果物の定義がはっきりとしていないため、場所によって考え方が違ってくるからです。
ちなみに外国では、栗はナッツ類の1つとして含まれています。


栗の成長について


まずは4月。この季節になると枝の先端から若い芽がひょっこりと芽吹き始めます。そしてどんどんと葉を付け、6月になると独特な香りを放つ白くて長い花が一斉に咲きだします。小さな花が沢山付いたものが連なって伸びているような感じのものになります。この花の花言葉が、豪華、高価なものを示していることから、栗は贅沢で高級品だったということが分かります。
8月にもなると、実った栗がどんどんと大きく成長して、品種によっては8月中旬頃から収穫が始まります。10月になると、多くの栗の実もたわわに実り、まん丸にふくらにできます。実のイガが茶色く色付いて割れてきたら熟したサインです。栗は熟すると、自然にコロコロと地面に落ちてくるので、その落ちた栗の実をひとつづつ収穫していきます。
収穫が終わり冬になると、栗の木は葉を落とします。そして、翌年に良い実を付かせる為に枝を切り落とす作業をして暖かい春を待ちます。


栗の栄養について

栗はビタミンB1を多く含みます。
糖質やアミノ酸の代謝を大きく助けることができます。
またカリウムも多く含み、高血圧予防の食材になります。
他にはタンニンと呼ばれる老化の予防やガンの予防に効果がある栄養素を含みます。
以上のことから栗は、健康を増進するとても頼もしい食材になっています。


良い栗の選び方

小さな穴があるものや黒っぽいものは避けよう。

小さな穴があるものは虫が中に入っていたものです。黒っぽいものは実が傷ついているもので、他の栗より甘さがありません。

ずっしりしたものを選ぼう

栗を持ったときに、ずっしりと重さを感じるものは実の栄養が豊富でとても甘い栗になります。逆に店にあるもので、実が軽いものは収穫から時間が経って実が痩せて栄養と甘さが低くなってしまっている栗になります。
たま他の栗と比べて膨らみがないものも、同様になります。
栗を買いに行ったときはずっしりと重さを感じる栗を探してみて下さい。


どうだったでしょうか。
このブログで栗に対して、今まで以上の興味を持っていただけると嬉しいです。