中央区、港区、江東区、千代田区、台東区、品川区、文京区の訪問医療マッサージ・訪問リハビリマッサージ|KEiROW(ケイロウ)中央区ステーション

中央区ステーション
お問い合わせ
【営業時間】平日 9:00~18:00【定休日】土・日・祭日【電話番号】0120-990-916

夏の食生活を見直してみよう

2020年08月03日

鍼灸師の井田です。今日は夏に良い食生活について説明していきます。
体調不良を起こしやすい食生活の例を紹介しながら改善方法を説明していきます。


冷たいものを食べすぎる

アイスやかき氷などの冷たいものを、たくさん食べてしまうと胃腸が冷えてしまいます。
そこから免疫力の低下を起こして、夏風邪を引いてしまうことがあります。コロナウイルスのこともあるので、胃腸を冷やして免疫を下げるのは、ぜひ防ぎたいです。
また胃腸が冷えることによって、自立神経が乱れて、身体が重だるくなり疲れてしまうこともあります。
夏は意識的に温かいものを食べながら、
胃腸を冷やさないようにしましょう。
ぬるい味噌汁やお茶を適度に飲むと良いでしょう。
さらに食事に生姜を加えるのもオススメです。
生姜には体を温める効果があります。


炭水化物のとりすぎ


夏はそうめんや冷やしうどんといった、口当たりの良い炭水化物が多く含まれる食事を取ることが多いと思います。
炭水化物は体を動かすエネルギーになりますが、そのエネルギーを生み出すには、ビタミンの中のビタミンBが必要になります。
つまり炭水化物を多くとってもより、それをエネルギーに変えるビタミンBが足りず、
エネルギー不足になってしまうということです。
そのため、炭水化物と一緒にビタミンBを取ることが大切になります。
豚しゃぶや海苔にビタミンBが多く含まれているので、それらを麺類に乗せたり、
ビタミン豊富な夏野菜を食べるようにするなど、工夫をしてみましょう。


インスタント食品のとりすぎ

カップ麺やカップ焼きそばなどはの加工食品の食べ過ぎは体の不調につながります。
インスタント食品に体に必要なミネラルが含まれていないことが多いからです。
ただでさえ、夏はたくさんの汗とともにカリウム・カルシウム・ナトリウムなどのミネラルがカラダから失われ、ミネラル不足による体調不良を起こしがちです。そんな夏だからこそ、野菜やくだものからのミネラル補給を忘れないようにしましょう。



食事制限による無理なダイエット

暑い夏のなかで、食べないダイエットを行い、極端な食事制限をすると、生活活動に必要なエネルギーを作りだせないため、疲れやすく、体調を崩しがちです。ならないためには、まずは3食きちんと食事をすることが大切です。
特に先に紹介した炭水化物とビタミンBの不足はかなり致命的になります。
適度な運動と体に必要な栄養をバランスよく取ることが、夏にダイエットを行う時に重要になってきます。



どうだったでしょうか。
夏は暑いので思わず体に負担をかけるような食生活を送っていることがよくあります。
このブログを読んで、思うところがあったかたは是非、夏の食生活を変えて見てください。