中央区、港区、江東区、千代田区、台東区、品川区、文京区の訪問医療マッサージ・訪問リハビリマッサージ|KEiROW(ケイロウ)中央区ステーション

中央区ステーション
お問い合わせ
【営業時間】平日 9:00~18:00【定休日】土・日・祭日【電話番号】0120-990-916

セルフお灸のすすめ

2020年05月25日


こんにちは、鍼灸師の山口です。

新型コロナウイルス感染症はまだまだ気の抜けない状況です。

一方、この新しい感染症に関して、世界各地から多くの臨床報告・研究結果などが発表されています。
このような情報をすぐ知れるのは、ネット・SNS普及のおかげですね。

そのおかげで、武漢で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療にあたられた中医師3名の講座資料を目にする機会がありました。
どの医師も「湿疫」と言われ、湿邪の影響を指摘されていることが興味深いです。
今世界中に流行しているCOVID-19がすべて湿疫とは言えません。
が、日本では武漢と同タイプのものが流行っていると言われていますので、ほとんどが「湿疫」 と捉えてもよいでしょう。

湿邪が起こす症状の特徴としては、以下のようなものがあります。
●重だるい、すっきりしない
●わかりづらい、長引く
●症状の変化が多い

そんなわけで、湿をためない身体づくりが大事な養生法になりそうです。
例えば、
●揚げ物、乳製品、甘いもの、お酒を控える。
●ひなたぼっこをする。
●手足を動かす軽い運動をする。
●しっかり睡眠をとる。

さらに、おすすめしたいのは「おうちでお灸」です!

お灸には、免疫力活性やリラックス効果があります。
免疫力活性のツボを使えば、相乗効果が期待できますよ!
こちらのブログでも、ツボの紹介がいくつも掲載されていますので、ご参照ください。

お灸を購入されたい場合は、メールにてご相談承っております。
こちらまで↓ご連絡ください。
chuoku.fc15539@keirow-mail.com

セルフお灸で、元気を養いましょう!